自転車旅行に行こう!

自転車旅行に行こう!をはてなブックマークに追加
RSS

自転車旅行初心者の背中を押すブログ

更新停止中。ツイッターはちょくちょく見てます。(2015/8/6)

【東京~青森旅行 2日目】 太田~金精峠~中禅寺湖

こんばんわ。現在南相馬のビジネスホテルにいます。

これまでは時間がとれず、ブログの更新ができませんでした。やっと時間ができたので記事を書こうと思います。

走行ルート


赤城~いろは坂入口

1日目の記事を書き終えた後、明るくなってから近くの吉野家で朝食をとり、6時頃に出発しました。

50号線を西に進み、赤城でいろは坂方面へ続く国道121号線に右折します。

この122号線は70kmほど続くゆるい上り坂で、800km程の標高を登ります。この道自体は交通量が多く、少し走りにくい道なのですが、旧道の県道257号線は交通量が少なく走りやすい道です。とはいっても道が悪い部分も多いのでロードバイクで快走するのは向いてませんが。

257号線は最初はこんな道で、
2013-09-09 07.41.03

それがこんな道になっていきます。2013-09-09 07.58.52

木陰の部分が多く、涼しくて気持ちのいい道です。こんな風に道が狭くなってからは車やバイクは一台も通りませんでした。

草木湖展望台にて休憩。

展望台からの草木湖
2013-09-09 09.17.20

休憩をしてからは122号線をひたすら登ります。大した坂ではないのですが、やはり距離が長く、登り切った所ではかなり疲労がたまってました。

122号線を登り切ると2.7km程の長さの日足トンネル(日光・足尾間のトンネル)を下ります。歩道部分は狭くて走れないので怖いですが車道を行くしかありません。反対側から登ることを考えるとゾッとします。

いろは坂

トンネルを抜けて少し先の交差点を左に曲がり、少し登るといろは坂入口直前の休憩所があります。そこでいろは坂に向けて一休みしました。

ベンチに横になって撮った写真
2013-09-09 12.39.58

いろは坂の大変なところはそこにつくまでにかなりの坂を登らないといけないことです。日光駅の方からもいろは坂に来れるのですが、やはりかなりの登りがあります。とはいっても10km程度なので全部歩いてもそれほど時間はかからず登り切れる坂ではあります。

いろは坂は自転車初心者の頃に行ったときの記憶ほどには急ではなく、最低ギアにすればスルスル登っていける感じでした。ただし体力を残したいので無理はせずかなりの部分を歩きました。

いろは坂中盤
2013-09-09 13.48.12

いろは坂の終盤近くには明智平という眺めのいい広場があります。そこで昼食をとりました。

明智平にて
2013-09-09 14.19.57

そして少し坂を登ると中禅寺湖に到着します。長い登りを終えて中禅寺湖の風景が広がるのは感動的です。

中禅寺湖
2013-09-09 15.04.50

以前同じ自転車で軽装でここまで来たときは死にそうなぐらい疲れていてボロボロでしたが、今回は重装備にも関わらず少なくとも精神的には大分余裕がありました。復讐を果たした気分です。

湖畔沿いを走り、宿泊予定地の菖蒲ヶ丘キャンプ場に4時頃到着します。そこで設営を済ませ、荷物を降ろした自転車でキャンプ場のさらに先に進み始めました。

無理をしすぎた金精峠

中禅寺湖の西はさらに登りになっており、その先に金精峠という標高2000m程の峠があります。道路上の峠はトンネルの中にあり、西に抜けない場合は標高1830m程のトンネルの入口まで登れば自転車で峠に登ったことになります。

暗くなってきたり疲れ切った場合は途中で引き返すつもりで登ったのですが、どうしてもこれだけ高い峠に登ったと言う事実が欲しく、つい欲をかいて限界まで疲れていて暗くなってきたのに、峠まで登ってしまいました。

何度も何度も戻ろうとは思ったのですが、そのたびにあと少しだけ、と考えて決断ができませんでした。

登り切った頃には既に真っ暗。HL-530という高速で走るにはちょっと心許ないライトで峠を下ることになってしまいました。夜の峠の下りは前方がよく見えないので非常に危険です。カーブの存在を見誤りそうになることもあります。さらに山の中のキャンプ場などは闇の中では非常に見つけにくい。

幸い今回は無事にキャンプ場に戻れましたが、一歩間違えば大変なことになっていたかもしれません。

今回は無理をしすぎたと反省しました。自戒の意味をこめて峠を登り切ったときの記念写真は貼りません。

中禅寺湖の先の戦場ヶ原
2013-09-09 16.50.55

戦場ヶ原沿いの道
2013-09-09 16.54.02

その先の湯の湖

2013-09-09 17.15.04  

さらにこの日の疲れが原因で次の日以降エラく苦労することになります。

それでは

この日のデータ

走行距離:110.28km
最高速度:54.3km

費用

朝食:440円
昼食:800円
夕食:0円(自炊のため)
食材:414円
宿泊費:1000円
入浴費:500円
酒代:300円
その他:723円

4177円

スポンサーリンク
次の記事:【東京~靑森旅行 3日目】 気持ちのいい121号線を日光から会津高原まで北上
LINEで送る
Pocket

  RSS

関連記事

    関連記事が見つかりませんでした。

コメントを残す