自転車旅行に行こう!

自転車旅行に行こう!をはてなブックマークに追加
RSS

自転車旅行初心者の背中を押すブログ

更新停止中。ツイッターはちょくちょく見てます。(2015/8/6)

【最終日 浪岡~国道4号終点】 最後の走行

最終日のこの日は浪岡からゴールの青森市街地まで20km程走り、ゴール地点の国道4号と7号の分岐点まで行きました。そこから新幹線で東京まで帰りました。

スタート:道の駅なみおか
ゴール:国道4号終点

最後の走行

この日は道の駅浪岡で起きて、そのまままっすぐにゴールの青森駅方面にむかいました。

道の駅浪岡を出発
道の駅浪岡

せっかくの快晴なのだからどこかサイクリングして行ってもよさそうなものですが、もう旅は終わったって気分であまり走る気が起きなかったので、まっすぐゴールまで行くことにしました。

国道7号を北上。青森まで約20kmの消化試合です。
国道7号

車の窓からりんごをもらいました。
2013-09-22 08.21.15

そのままかぶりつきます
2013-09-22 08.25.23

この辺の国道7号は道が広く走りやすかったです。国道7号

青森市街地まで来てゴール地点をどこにしようか迷います。ツーリングマップルを眺めていると、国道4号と7号の終点があるようなので、そこにしようと決めました。

国道4号と7号の終点(ツーリングマップル東北2013)
国道4号と国道7号の終点

この地図を見ると交差点に終点があるように見えますよね。というわけでその交差点に行き、交差点を探したのですが、終点を表す標識などが見つかりません。

まあそんなものなのかなあ、と思い、その交差点に接している青森県庁舎を背景にゴールの記念写真を撮りました。

ゴールの記念写真
青森県庁舎と自転車
(自転車が暗いですが、県庁舎を若干白飛びさせてこれですので、この構図ではこれが限界です)

ですが後でWikipediaで調べてみると、終点は交差点ではなく交差点に接した青い森公園前とのことです。青い森公園は交差点の北東側にある公園です。

グーグルストリートビューでそこを調べてみると、終点の標識がすぐ近くにあったことが判明しました。

左の丸が終点の標識、右の丸が上の写真の場所(グーグルストリートビュー)
Clipboard01

青い森公園はこの標識のある場所の向かいで、公園側にも終点の標識があります。

この後は標識とは反対側に引き返しましたが、この交差点に着く前に誤って少し先まで進んでいましたので、仮にこの標識が厳密に国道の終点を表すとしても、実はそこまでたどり着いていなかったといしことにはなりません。一安心です。終点の標識の記念写真が撮れなかったのが心残りではありますが。

ところでツーリングマップルの記載は正しかったのでしょうか? 終点が交差点で、標識はその交差点の場所を表すものだということなら間違ってはいません。

ネットで公的に国道の終点を示した資料がないかを探してみたところ、法令データ提供システムというところで見つけられました。それによれば、国道四号は「東京都中央区日本橋から青森市長島二丁目十番二まで」とのこと。その終点の住所を調べたところ、少なくともこの住所は上の写真のまん中の建物の住所で、恐らくその右の地下道への入り口もその住所だと思われます。ということで、国道4号の終点はこの交差点に接している、もしくは交差点を含んでいるとは言えそうです。ですが「青森市長島二丁目十番二」という住所の場所を伝えるのに地図で交差点を指し示すのは少なくとも不自然ですので、ツーリングマップルの記載は間違っていないかもしれませんが、不適切だとは言えます。

まあこんなにすぐ側にある標識を見つけられない僕もどうかとは思いますが・・・

話がそれましたが、この記念写真を撮った後は、新幹線で帰るために数キロ戻って新青森駅にいきました。

新青森駅
2013-09-22 09.26.08

後はその場で切符を買って、輪行して帰りました。二週間の道のりも新幹線なら3時間程、笑っちゃうぐらいあっという間です。

新青森駅ホームにて
輪行袋

新幹線にて駅弁とビール。最後の贅沢です
北の彩り 
「北の彩」という駅弁で、新青森の駅弁屋の一番人気(一番のおすすめだったかも)のものです。うにやホタテなどいろいろな魚介類が入っています。どれもとてもおいしかったです。

旅を終えて

旅の感想を一言で言うと、「八幡平アスピーテラインと十和田湖はメッチャきれいだった」ってことになりますね。この2カ所の感動に比べると他の場所は見劣りしてしまいます。

後は「山間部いいね!」でしょうか。山間部中心に走るツーリングは始めてだったのですが、交通量が少なくてのどかな道が多く、また高原は夏なのに涼しくて走っていて楽しいことが多かったです。

ただし山間部を好んで走る人は少ないので、自転車旅行者と会うことは少なかったですね。僕は一人でいるのも好きなのでそれでいいんですけど。

磐梯山、鳥海山、八甲田山などまだ行っていない東北の自転車の名所はたくさんあるので、またいつか東北には行きたいです。難所と言われるリアス式海岸も一度は走ってみたいですね。

南相馬にも行きましたが、旅を楽しむという点では山の方が被災地より全然よかったです。もちろん被災地に行く意味はあると思いますが、僕は旅のテーマが基本的に走るのを楽しむことなので、そこに被災地の見学といった社会勉強的なものを混ぜてしまうとどうもちぐはぐな気分になってしまいました。

自転車旅行には自転車の故障や食糧不足といったトラブルがつきものですが、もう既に僕は何度も自転車旅行をしていて、起きそうなトラブルはみんな対策をしているので、今回の旅ではトラブルで困ることはありませんでした。トラブルが起きないのは良いことなんでしょうけど、正直順風満帆すぎて物足りないという気持ちもあります。次は海外でしょうか。

走行距離と費用

走行距離:27.7km

費用:

時間 店名 商品名 価格
9:30位 新青森駅 新幹線 新青森→東京 16370
10:15 美味山海新青森駅店 キリン 一番搾り 350ml 235
10:20位 そば処ブナの森 駅弁コーナー 北の彩 1000
11:00位 新幹線車内販売 サッポロ エビス 290


合計 17895

コメントを残す