自転車旅行に行こう!

自転車旅行に行こう!をはてなブックマークに追加
RSS

自転車旅行初心者の背中を押すブログ

更新停止中。ツイッターはちょくちょく見てます。(2015/8/6)

ママチャリで自転車旅行はできるのか?

ママチャリ

自転車旅行はしたいが高価なスポーツ自転車の購入はしたくないので、手持ちのママチャリでの旅行を検討する人も多いと思います。

ママチャリで自転車旅行ができるか? と言われたら自転車旅行初心者のための自転車の選び方で書いたように、徒歩でも長距離旅行ができるのだからママチャリでもでもできないことはないと答えられます。しかしママチャリでも快適な旅ができるかと言われると、それほど簡単な問題ではありません。そこでこの記事ではママチャリでの自転車旅行が快適かについて考えたいと思います。

ママチャリのデメリット

まずママチャリのデメリットを挙げていこうと思います。

走行効率が悪い

ママチャリは近所の買い物のような用途のために作られているために、スポーツ自転車と比べると圧倒的に走行効率が悪いです。つまり疲れる割に前に進みません。走行効率においてママチャリとスポーツ自転車の間には決定的な差があると思って下さい。

変速が少ない

ママチャリは変速機の段数が少ないため、漕ぎだしや上り坂で効率的に走れません。普通に走っているときも変速の段数が少ないと適切なギア比を保てないため、やはり走りが非効率になります。

姿勢が長距離向きではない

また、ママチャリは誰でも楽な姿勢で移動できるように作られているため、長距離移動に向いた前傾姿勢がとれません。そもそもママチャリはスポーツ自転車と違ってハンドルやサドル位置を自由に調整できません。姿勢の差は長距離を走る際には決定的な違いになります。

自分での修理が難しい

パンクの際にスポーツ自転車はタイヤを外して素早くチューブ交換ができるのですが、ママチャリはそれができず、時間をかけてパンクの修理をする必要があります。ママチャリはスポーツ自転車と違い利用者が整備することが想定されていないため、その他の修理も難しくなります。ただし後述するように自転車屋に頼む場合は、自転車屋の数が多いので修理はしやすくなります。

輪行できない

輪行とは電車などで自転車を運ぶことです。スポーツ自転車は分解して袋に入れれば容易に電車などに乗せることができるのですが、ママチャリはそれが基本的にできません。よって自転車が走行不能で修理が必要な場合自分で押して自転車屋まで行かなければいけません

ママチャリのメリット

次にママチャリのメリットを挙げていきます。

丈夫

ママチャリは子供や買い物の荷物を積んで毎日何年も走ることが想定されているため、非常に丈夫です。

整備のできる自転車屋が多い

どこの街にでもママチャリを整備できる自転車屋がありますし、ホームセンターなどではスポーツ自転車の部品はなくてもママチャリの部品はおいてあることが多いです。これらの点ではスポーツ自転車より圧倒的に有利です。

安い

値段については、まともなスポーツ自転車を買うとなると5万円程度は出す必要がありますが、ママチャリならまともなメーカーのものでも2、3万程度で買えます。格安のママチャリを買って、故障した場合や目的地に到着した場合に乗り捨てるという選択肢もあります。

誰にでも乗りやすい

スポーツ自転車はまともに走ろうと思ったらある程度の熟練がいるのに対し、ママチャリは誰でもそれなりに乗れるというのもママチャリのメリットでしょう。

ママチャリでの自転車旅行は快適か

ママチャリのメリットとデメリットをまとめると、ママチャリは熟練者が長距離を早く楽に走るという点では圧倒的にスポーツ自転車に劣ってますが、安さ、丈夫さ、パーツの入手性、初心者の乗りやすさという点ではスポーツ自転車と同等、またはそれ以上ということになります。

というわけで結局移動距離が短くなることと自転車トラブルの際の対応が厳しくなることに納得できるなら、ママチャリでの自転車旅行も十分快適なものになると言えます。

例えばのんびり景色を見ながら走ることにして、自転車が故障して自転車屋が周囲にない場合は一時自転車を放置して宿に行くなのどの対策をたてているなら、特に問題なく旅行ができるといえます。

ママチャリでの自転車旅行の実例

ママチャリでのインターネットの旅行記のページには次のようなものがあります。テントや寝袋を積むかで走りの軽さは大きく変わるので、それらを積んでいるかに注意してみたいと思います。

ママチャリで日本一周している経営者の記録
分割日本一周をしています。テントも寝袋もなしです。
ママチャリで奈良から東京まで旅する方法 – FC2ノウハウ
経験者の方によるハウツーです。寝袋はありでテントなしです。
自転車旅軌跡~ママチャリ偏~@人生楽笑
いくつかの旅行記があります。基本的に寝袋・テントなしのようです。
ママチャリ旅日記 -目指せ全都道府県訪問-
寝袋・テントなしです。旅先に自転車を置いて帰宅して就寝し、次の日旅先に戻るということをしているのが興味深いです。
幸せブログ 小説編 明日使える小説知識 その6 ママチャリで自転車旅行
宮城から東京までの旅行記です。テントと寝袋ありです。
教養無きチャリダー 【ママチャリ】自転車で大阪~東京 ルート編 1日目【走破】
テント・寝袋なしで大阪・京都間を2日で走破しています。かなり自転車に慣れた方のようです。
これまでの自転車の旅の紹介@走るソフトテニス部員の練習日誌
1日300kmを当たり前のように連日走破しています。ちょっと信じられませんがマラソン日本代表の方のようです。体力と運動能力次第ではママチャリでもかなり走れるようですね。テント・寝袋なしです。

まだまだありますがキリがないのでこの程度にしておきます。特にママチャリでも皆さん問題なく旅行されているようですね。テントや寝袋を積んでママチャリで旅行している人は少ないようですが、これはそこまで本格的にやる人は自転車も本格的なものを使っている場合が多いからだと思います。

ママチャリで自転車旅行する際のノウハウ

ここではママチャリ特有のノウハウを掲載しているサイトを紹介します。

まとめ

以上、ママチャリの特徴、ママチャリ旅行の実例、ママチャリのノウハウを掲載したサイトを紹介をしてきました。

ママチャリの自転車旅行を勧めない人も多いですが、十分に可能ですし実際にやっている人もたくさんいますので、恐れることなく挑戦して自転車旅行の楽しさを知って欲しいと思います。


“ママチャリで自転車旅行はできるのか?” への1件のフィードバック

  1. [...] ママチャリでの自転車旅行がどの程度快適かについてはママチャリで自転車旅行はできるのか?を参考にして下さい。 [...]

コメントを残す