自転車旅行に行こう!

自転車旅行に行こう!をはてなブックマークに追加
RSS

自転車旅行初心者の背中を押すブログ

更新停止中。ツイッターはちょくちょく見てます。(2015/8/6)

自転車旅行用の自転車の買い方

自転車のタイヤ

自転車旅行用の自転車の買い方の解説です。


自転車旅行初心者のための自転車の選び方もご参考に。

通販について

通販はアフターサービスがないことと、サイズ合わせができないという理由で特に初心者の人は絶対に利用を避けるべきです。


アフターサービス

通販ではアフターサービスが基本的にありません。自転車において納車後の整備は不可欠なので、アフターサービスがないのは致命的です。ある自転車点のホームページにも、次のようにあります。

通販では距離的な問題があり当店までお持ち出来ない場合がほとんどです。ですのでマメなメインテナンスが出来ないのでお近くのスポーツ自転車を取扱いしている自転車店に依頼していただくかお客さまご自身で出来る範囲はご自身で覚えてやっていただく事になります。店頭より価格が安かったりするメリットもある反面、後々のマメなサポートが出来ないというリスクもありますことをご了承下さい。もしお近くにちゃんと出来る自転車店やお知り合いがいなかったり、ご自分で出来る自信がないお客さまは通信販売での自転車のご購入は辞めた方が正直無難だと思います。(よくある質問@バイシクルドットコム

実にお人好し良心的な店だと思います(店の回し者じゃないですよ!)。こんなことを書けば通販の売上は減るわけですが、客のことを考えたらこう書かざるを得ないわけです。


サイズ

通販にはサイズ合わせができないという問題もあります。スポーツ自転車に適切に乗るためにはサイズの合った自転車に乗ることが非常に重要です。自転車のカタログには適正身長がありますが、これは目安であって本当にサイズが合っているかは実際に自転車にまたがってみないことにはわかりません。また、初心者にはまたがってもサイズが合っているかは判断ができません。この点でもサイズ合わせのできない通販は問題外ということになります。


自転車の持ち込みについて

通販で自転車を買って整備は近所に店にやってもらうという手もありますが、自転車屋は基本的に他店購入車の整備をしたがりませんし、断られることもあるでしょう。これには持ち込みを認めると自分の店で自転車を買ってもらえなくなるという打算的な理由もありますが、それ以上に納車整備が雑な可能性のある自転車の責任を持てないという事情があります。むしろ工賃さえもらえば何でも引き受けるような自転車屋の方が客の安全のことを考えていないとすら言えるでしょう。


近所の店を選ぶ

自転車を最適な状態に保つためには購入後も自転車店に持って行って定期的なメンテナンスをしないといけません。また、自転車は頻繁に原因不明のトラブルに見舞われるもので、そういうときも自転車屋のお世話になる必要があります。自分でメンテナンスをする人も、自分で解決不能なトラブルに当たった場合は、自転車店に行かざるを得ません。そういうときに行きつけの自転車店が近くにあると非常に助かります。特に自走できない状態になったときは遠くの自転車店だと大変です。自転車店はなるべく近所の店を選びましょう。


スポーツ自転車屋の見つけ方

普通の自転車屋(ママチャリ屋)はスポーツ自転車を取り扱っていないので、自転車旅行向けの自転車はスポーツ自転車屋で買うことになります。ですがスポーツ自転車屋は電話帳などでは普通の自転車屋と同じ取り扱いで見つけにくいです。


そこでスポーツ自転車屋を見つけるにはスポーツ自転車メーカーの取り扱い店舗リストが役に立ちます。大手メーカーの自転車を取り扱っていないスポーツ自転車屋はほとんど無いので、大手メーカーのサイトをいくつか当たれば、ある地域のスポーツ自転車屋を全て見つけられることになります。以下大手スポーツ自転車メーカーの販売店リストのページです。

まだまだメーカーはありますが、これだけのページを当たれば地域のスポーツ自転車屋を取りこぼすことはないでしょう。

チェーン店について

個人経営の店に入るのは不安なので大規模チェーン店に行こうと思う人も多いと思います。私もそうでした。ですが私の経験では大手チェーンは接客の質にバラつきがあったり、機械的な対応をされて突っ込んだ話ができないことも多いのであまりオススメしません。


とはいえ全国に支店がある店は旅行中に便利だったりしますし、在庫の多さ・現物確認のしやすさという点でも大規模な店は魅力です。選択肢の1つとして試しに購入相談をしてみてもいいでしょう。


一方中規模チェーンは接客にバラつきもなく、しっかりと相談にのってくれる場合が多い印象です。


ホームセンターやディスカウントショップなど自転車専門店でない店は基本的には一般人に安物を売るところなのでスポーツ自転車の購入には向いていません。ですが担当者が腕が良く良心的である可能性もなくはないので選択肢に加えてみてもいいかもしれません。


試乗について

スポーツ自転車の試乗は次のような場所・機会で行うことができます。

メーカーの直営店
試乗を公式に受け付けていることが多く、試乗できる車種がホームページに載っています。期間限定で試乗キャンペーンをやっていることもありますので、ホームページをよくチェックしてみましょう。:
個人経営の自転車店
売り物でなければ店にある自転車に乗らせてもらえるでしょう。:
ワイズロード
有名な自転車チェーンです。有料または無料で公式に試乗サービスを行っています。:
イベント
毎年11月にはサイクルモードという自転車イベントが幕張メッセとインテックス大阪で開催されており、そこで最新の車種に試乗することができます。他にも試乗のできるイベントがあることがあります。:

試乗は初心者でも嫌がられることはないので積極的にしてみましょう。


自転車店に入ったら

(スポーツ)自転車店は旧態依然とした体質が多く店員がフレンドリーでないことが多いです。そういうものなので多少不快でも我慢しましょう。逆に考えれば冷たい接客態度でも店が続いてると言うことはそれだけ技術があるとも考えられます。これから自転車旅行をしようという客は多くのお金を使いうる上客なのですから、自信を持って店員と接しましょう。


自転車店に入ったらいきなり車種を指定したりはしないで、どういう自転車が欲しいかを相談してみましょう。今後ずっと自分の自転車を任せることになるのですから、本当にその店が信頼できるか、自分に合っているかを見極めます。スポーツ自転車屋が近所に数件ある場合は全て回ることをオススメします。


値引き率が店によって変わりますが、多少の値引率の違いでで店を決めるのは得策ではありません。その値段差以上に店によって納車整備とアフターサービスに違いがあります。また、初心者のうちは値切るのはやめましょう。納車整備やアフターサービスの価値がわからないうちは値切っても話がかみ合いません。


店によって言うことが違ったり、オススメの自転車サイズが違ったりすることがありますが、別にどっちか騙している訳ではなく、考え方の違いということが多いです。自転車の世界では専門家の間でも意見が割れるのは普通のことです。


自転車はメーカーの違いよりサイズが体に合っていることが重要です。納得がいくまで試乗などをさせてもらいましょう。逆にサイズさえ合っていれば展示品をポンと買ってしまうのもアリです。在庫裁きに利用されたくないと思うかもしれませんが、展示しているということは店が自信を持ってオススメしている自転車なのですから悪い選択肢ではありません。まともな店であればサイズが合ってない自転車を在庫裁きのために売ることはありません。


空気入れや鍵などを一緒に買うことをすすめられるかもしれませんが、足元を見ているわけではありません。スポーツ自転車を買う際には必要なものがたくさんあります。しかし、ネットで買った方が安い場合も多いので、言われるがままに全て買う必要もないでしょう。


キャリアやフロントバッグなどの物理的に自転車に取り付けられないことがある製品については自転車屋に相談するべきです。


自転車の納期が遅いことがあるので、旅行前に自転車を買う場合はなるべく早めに自転車屋に行った方がいいです。

以上、「自転車旅行用の自転車の買い方」でした。

“自転車旅行用の自転車の買い方” への3件のフィードバック

  1. [...] 実際に購入するときの注意点などは自転車旅行用の自転車の買い方を参考にして下さい。 [...]

  2. Alexandru より:

    Unalarlleped accuracy, unequivocal clarity, and undeniable importance!

  3. hello!,I like your writing very a lot! share we communicate more about your post on AOL? I need a specialist on this house to resolve my problem. May be that’s you! Having a look ahead to peer you.

nike darwin black rebel にコメントする