自転車旅行に行こう!

自転車旅行に行こう!をはてなブックマークに追加
RSS

自転車旅行初心者の背中を押すブログ

更新停止中。ツイッターはちょくちょく見てます。(2015/8/6)

旅の自転車 ESCAPE R3(改造済み)紹介

今回は自転車旅行に使う自転車の紹介です。

ESCAPE R3

このGIANT ESCAPE R3で旅行をします。

ESCAPE R3

言わずとしれたクロスバイクのベストセラー車種。2010年モデルのXSサイズです。普段は街乗りに使用しています。

もう一台アルミのロードを持っているのですが、大量の荷物を積んでの旅行には向かないので今回は使いません。

それでは各部を紹介していきます。

グリップ・シフター・ブレーキレバー

ESCAPE R3のグリップ・ブレーキ・シフター

グリップとシフターはデフォルトのまま。グリップシフトは評判が悪いですが、慣れてしまえばどうということもありません。

バーエンドバーはあったら楽だろうと思うことも多いのですが、このままでも不満はなく、余計な部品を増やしたくないのでつけてません。

ブレーキレバーはDEOREですが、特にこだわりがあるというわけでもなく、前のブレーキがへたって交換しようとしたときに下位グレートと価格差があまりなかったのでこれにしたというだけです。

サドル

ESCAPE R3のサドル

これもデフォルトのまま。ロードも含めてサドルはまったく気にしたことがないです・・・

シートポストはデフォルトのサスペンション入りの物からサスペンションなしのものに交換しています。

シートクランプの後ろの出っ張りはキャリアを取り付けるためのものです。このサイズ(XS)のESCAPE R3はこれがないとブレーキと干渉してキャリアを取り付けることができません。

クランク・ペダル

DEORE LXのクランク

クランクは訳あって自転車屋から借りているもので、年代物のDEORE LXです。ギアの歯数は20-32(30?)-42です。

フロントディレイラーはデフォルトのまま、BBは軸長が短めのものがついていますがそれでもチェーンラインが合わず、インデックス調整を目一杯外側にやってギリギリでアウターに変速します。

ペダルは片面SPDのSHIMANO PD-A530です。小さいので輪行のときに便利です。街乗りのときはフラットペダルをつけてます。

ホイール・スプロケット・タイヤ

MAVIC OPEN PRO + 105 HUBのホイール

ホイールはMavic Open Pro105のハブの手組みです。自分で組みました。部品代が3万もかからなかった割には乗り心地がよくよく走ります。

ホイール交換はかなり効果があるので、特に安いスポーツ自転車のホイールがデフォルトのままの人はショップに手組みホイールの相談をしてみることをオススメします。

タイヤはPanaracer T-serv PT。あまりタイヤにはこだわっていないのですが、自転車屋の勧めで安物は使わないようにしています。タイヤ幅は前は25mm、後ろは28mmです。前後のタイヤ幅が違っても特に問題は起きていません。

スプロケットは13-26Tの8速です。小さいチェーンリングと合わせて1以下のギア比とそこそこのクロスレシオを実現しています。その代わり40km/hぐらいでペダルが空回りし始めるので下りはほとんど漕げません。リアディレイラーはデフォルトのままです。

重さ

自転車の重さは写真の状態からメンテナンススタンドを外して体重計を利用して量ったところ、ちょうど10kgでした。カタログでは11.3kgになってますが、ホイール・クランク・スプロケットの交換が軽くなった主な原因でしょう。

旅行ではさらにリアキャリア・フロントバッグ・ライトをつけます。

以上、旅の自転車ESCAPE R3(改造済み)の紹介でした。

コメントを残す